ラダークラフトセブンはマルチョウエンジニアリング様のご指導の下、音楽の新たな価値を提案し続けます。


はじめに

好きな曲を好きなボリュームで聴きたい。

当たり前のことですよね。
ですが、そんな当たり前のことのお手伝いがしたくて私はladder-craft7を始めました。

オーディオを趣味として始めると、それまで普通に聴けていた曲が普通に聴けなくなる事があります。

好きな曲を楽しく聴きたくて揃えたはずのシステムなのに、聴くたびに違和感を覚えた経験は皆様にはありませんか?

繊細な高音
深みのある中音
地を這うような低音

それぞれの音はきちんと出てるはずなのに、どこか自分の思い描いていた音と違う。
どうしてでしょうか。

プレイヤー、アンプ、スピーカー、空間、電源、セッティングや調整等々、原因は様々ですがケーブルにも一因はあるのではないかと考えています。

好きだったあの曲を、好きだったあのフレーズを、ラダー型ケーブルで繋ぐことによりまた楽しく聴ける日が来たならばそれ以上の喜びはありません。

ハンドメイドなので少し不格好ではありますが、一本一本丁寧に仕上げております。
ぜひご一聴ください。

ladder-craft7 代表 小池 陽一

ラダーケーブルとは

amp ラダー型ケーブルは鳥取県の発明家、長谷川諭氏によって発明された次世代のケーブルです。

音を作り出す従来のケーブルとは違い、音を劣化させる原因を排除する事を目的として誕生しました。

”音を足す”のではなく”音を引く”という発想は従来のケーブルにはないオンリーワン。

電気信号の余分な成分のみを抑える事の出来る唯一の技術で、ラダー型ケーブルの有用性はオーディオだけで なくその他の分野への応用技術にも大きく期待されます。
事実、特許庁発行の文献に宇宙開発への転用に関した記述がある事から、非凡な潜在能力の高さが伺えます。

そして今、ラダークラフトセブンがケーブルの新たな境地を切り拓きます。

Copyright(c) 2013 laddercraft7 All Rights Reserved.